費用・医療費控除

自費価格表

インプラント料金(税込)

スタンダードプラン1
トータルで
1本30万円
スタンダードプラン2
トータルで
1本25万円
上物が白 上物が金属
上物セット 8万円 上物セット 3万円
連結部セット 2万円
人工歯根埋入 20万円

オプション1

静脈内鎮静法 5万円
※どうしてもインプラント治療に恐怖感を抱いている方の場合は、無痛点滴麻酔で、寝ている間に治療を行うことができます。

オプション2

骨造成 1ヶ所5万円(骨造成のみ希望の場合10万円~20万円)※部位によります。
※薄い骨、細い骨でそのままでは、インプラント埋入が不可能な部位に対して、人工的に骨を造成します。

ホワイトニング料金(税込)

スタンダードプラン1

オフィスホワイトニング 15,000円
ホームホワイトニング 30,000円

ピーリング(歯ぐきのメラニン色素の除去)

片顎 5,000円

審美歯科

表示価格はすべて消費税込価格です

前歯のかぶせ物

前歯のかぶせ物には、いくつか種類があります。
素材の性質、見た目(審美性)、経済性などを良くお考えになった上で、ご自分に最適なものをお選びください。

硬質レジン前装冠 (保険)
長所 金額が安い
短所プラスティック(レジン)のため透明感が無い
劣化・変色しやすい
金属アレルギーの可能性が高い
メタルボンド (自費) 
長所 見た目がきれい
歯肉への影響が少ない
強度がある
短所 金額が高い
歯肉が下がると金属のラインが見えることがある
金属アレルギーの可能性がある
金属にせともの(セラミック)をかぶせた陶器の歯です。
強度も強く、ほとんど破折することはありません。装着感も良く、変色することもありません。元の歯を再現できます。
メタルボンドにつきましては、当歯科医院では3年間の保証期間を設けております。
(但し、半年に一回のメンテナンスをされた方)
オールセラミック (自費) 
長所 透明感があり、天然歯にかなり近い
さびないので、虫歯になりにくい
金属アレルギーが出にくい
歯肉の変色は全くない
短所金額が高い
強度が多少、弱い
せともの(セラミック)の支台にせともの(セラミック)をかぶせた陶器の歯です。
強度も強く、ほとんど破折することはありません。装着感も良く、変色することもありません。元の歯を再現できます。

比較表

精度見た目金属アレルギーさび価格
パラジウム、レジン× ×
金合金
エステニア
セラミック×

矯正費用

矯正診断料 無料
小矯正 
小矯正(MTM)は全体的な咬合が悪くなく、全顎矯正する必要がない場合に行います。
例えば2~3歯を部分的に整列したり、埋もれて出てこない歯を引き出します。
全顎矯正 
全顎矯正は永久歯列全体を矯正治療します。

ラミネートベニア

ラミネートベニア 
歯の表面を、0.5~0.8mmほど削り、セラミックで作ったシェルを貼り付けます。
歯牙に虫歯のある場合や、漂白で満足できない方、漂白の効果の薄い方にお勧めいたします。歯牙の形も変えられます。
各種クレジットカード

※ 表示価格はすべて消費税込価格です。
※ デンタルローン・下記クレジットカードも取り扱っております。

医療費控除について

■医療費控除とは
自分自身や家族のために医療費を支払った場合、確定申告の際に手続きをすると一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。申請には領収書が必要になりますので大切に保管して下さい。


■歯科治療費が医療費控除の対象となるかの判断
(1)歯の治療は、高価な材料を使用することが多く治療代も高額になります。保険診療に限らず自費診療においても医療費控除の対象となる場合があります。
一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりませんが、金やポーセレンを使った義歯の挿入などの治療は一般的なものとされ、対象になります。(詳しくは歯科医師にお問い合わせ下さい。)

(2)発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などから歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。しかし同じ歯列矯正でも、審美を目的とした場合の費用は医療費控除の対象になりません。

(3)治療のための通院費も医療費控除の対象になります。またお子様の通院に付添いが必要な場合は、付添人の交通費も含まれます。通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額を記録し、タクシーなど領収書がある場合は保管して下さい。
ただし、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等は、医療費控除の対象にはなりません。


■治療費をデンタルローンで支払った場合
デンタルローンは患者さんが支払うべき治療費を信販会社が立替払いをし、その立替分を患者さんが分割で信販会社に返済していくものです。したがって、信販会社が立替払をした金額は、その患者さんのその立替払をした年の医療費控除の対象になります。
なお、デンタルローンを利用した場合には、患者さんの手元には治療費の領収書がないことが考えられますが、デンタルローンの契約書の写しを用意してください。
※金利及び手数料相当分は医療費控除の対象になりませんのでご注意下さい。



■歯の医療費をカードにより支払う場合
カードを利用した場合でも、歯科医院発行の領収書を添付書類と、カードローンの契約書の写しをご用意ください。
※金利及び手数料は医療費控除の対象となりませんのでご注意下さい。



■計算してみましょう


※詳しくは最寄りの税務署にお問い合わせください。
国税庁 タックスアンサー
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


診療案内

平日 9:30~13:00/14:00~19:30

土祝 9:30~13:00/14:30~18:00

休診 水曜

各種保険取扱い

初診・急患随時受付

問診票ダウンロード

こちらから問診票のダウンロードを行っていただけます

問診票ダウンロード

求人案内

歯科衛生士・歯科助手・受付随時募集

求人詳細はこちら
医療費控除

プレゼント

著者:タカバナ歯科
院長 伊藤浩光

タカバナ歯科の小冊子が出来ました。タカバナ歯科の医院理念や診療についてをご紹介しています。
医院にて直接配布しております。ご希望の方はお気軽にお申し出ください。



医院からのお知らせ

・2018年9月 3日
10月の診療日について
・2018年8月24日
9月の診療日について
・2018年7月10日
8月の診療日について
・2018年5月31日
7月の診療日について
・2018年5月28日
6月の診療日について

院長ブログ

・2017年3月31日
4月の診療日について
・2015年4月10日
改装②
・2015年4月 1日
改装①
・2014年12月 1日
キレイですよ
・2014年10月30日
最近のタカバナ歯科

アーカイブ

mobile site
こちらのQRコードを読み込むと携帯サイトをご覧いただけます。